テープ起こしとは?

テープ起こしというお仕事について、あまりよく知らない方もいらっしゃると思いますので、どのようなお仕事なのかをご説明したいと思います。

「テープ起こし」のお仕事とは、音声のデータをテキストに変換するお仕事の事をいいます。最近でもカセットテープに録音されたいるものをテキストデータに変換する事もあるようですが、現在ではデジタルの音声データが殆どで、パソコン上で再生しながらデジタルのテキストデータに変換します。

お仕事の受注も納品も、デジタルのデータでやりとりすのがスタンダードな方法なのです。

どんな音声データのテープ起こしをするのか?

当方が請け負っている音声データは、多くが公的機関の会議の録音データを議事録という形で文章に起こすお仕事が多いです。

その他にも作家さんやライターが、音声データによって原稿を作った場合に文章に起こす案件もありますし、雑誌社が取材した音声データを原稿にする過程でお手伝いする事もあります。

最近では、動画で様々な教材を提供したりする事が多くなっていて、その動画と一緒に文章化したものを提供する事がありますので、その様なお仕事も増えてきています。

テープ起こしに必要なスキル

テープ起こしを始めるには、それほど高い知識レベルは必要有りません。テープ起こしの通信講座等もあるようですが、事前にお金を掛けなくてもパソコンの知識で普通レベルで、キーボードのブラインドタッチが比較的スムーズに出来れば老若男女誰でも出来るお仕事だと思います。

私が考えるテープ起こしに必要なスキルを下記にいくつかご紹介したいと思います。

キーボードの入力速度

私が思う一番重要なスキルは、やはりキーボードの入力速度だと思います。理想的なのは、ブラインドタッチが出来れば良いと思います。

ブラインドタッチでも人によって速度レベルが違うのですが、出来るだけ早くてミスが少なく入力できるのが理想的です。

しかし、ブラインドタッチが出来ない人でも、テープ起こしのお仕事をしている人が沢山いるようなので、ブラインドタッチが必須という事ではありません。

メールソフトの知識

テープ起こしのお仕事をする時には、データの受け渡しにメールを使う事が一般的です。その為にパソコンによるメールソフトを在る程度使いこなせる事も重要なスキルといえます。

メールの送受信はもちろんですが、メールにファイルを添付したり受信したメールに添付されているデータファイルを保存したりする基本的なメールのスキルも必要です。

時には必要なファイル等をインターネット上からダウンロードしたりする必要も出てきます。ダウンロードしたデータは圧縮されている場合が多いので、その様な圧縮されているデータを解凍ソフトなどで解凍したりする事もあります。

ファイル形式(拡張子)の知識

取引先によっては、送受信するデータファイルの拡張子を指定される場合があります。例えば納品はワードやエクセルファイルに指定されたり、PDF形式で納品をお願いされる場合もあります。

その場合に、ファイルの拡張子の基本的な知識も必要になります。例えばワードで納品を依頼されたのに、自分のパソコンにワードがインストールされていなければ、その拡張子のファイルで文章を入力できません。

最近では、ワードやエクセルの様なオフィスソフトが入っていないパソコンも少なくないので、もしテープ起こしのお仕事をする場合は、基本的なソフトの取り扱いや知識が必要になります。

テープ起こしに資格は必要?

テープ起こしのお仕事をするのに特別な資格は必要有りません。巷ではテープ起こしの為の通信講座などがあるようですが、金額が数万円するので私はあまりオススメ出来ません。

パソコンの知識とキーボードの入力が普通に出来れば誰でも出来ますし、資格を取るならマイクロソフトのオフィス関連の資格を取った方がよっぽど良いと思います。

特に会議録などを扱う業者の場合は、オフィスソフトのワードを使う機会が多いのでワードやエクセルの知識レベルを高めておくのはオススメ出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です